電脳コイル調査報告書トップ>キーパーソン > 4423:天沢信彦

純粋なテレビアニメとして初めて日本SF大賞を受賞しました。
日本SF作家クラブのSF大賞はこちら。
Amazonの電脳コイル関連検索結果はこちら。
楽天市場の電脳コイル関連商品はこちら

4423:天沢信彦

天沢勇子の兄。4423とは5年前に電脳医療を受けた際に偶然出会ったヤサコに暗号名として教えた番号。その後まもなく肉体は死亡したが、電脳体はあっちの世界で存在している。

イサコの兄

4423とはイサコの兄:天沢信彦が謎の古い空間ヤサコと最初に出会った際に教えた暗号名である。
現在、彼は4年前に電脳メガネを装着していた者に起きた電脳コイル現象の影響でそれ以降、意識不明のままとなっている。
叔父によると、妹のイサコと一緒に5年前に交通事故に遭い意識不明となり、メガじい電脳医療を受けるが意識は回復せず、その後死亡した。

続きを読む "イサコの兄" »

天沢信彦の電脳体の謎

天沢信彦はメガじいのカルテの存在から、5年前にはすでに電脳医療の患者であった。
しかし、猫目宗助原川玉子らによると、キラバグを集めCドメインへの通路を開いたのは4年前であり、そのとき意識不明となった小学生が大勢発生したと地元新聞で報じられている。
いったい天沢信彦の電脳体はいつ生身の肉体から離れたのであろうか?

続きを読む "天沢信彦の電脳体の謎" »

天沢信彦に起きたこと

天沢信彦の肉体と電脳体に起きたことは、叔父とイサコの話をまとめるとおおむね次のようである。
5年前、二人は交通事故に遭い意識不明となり、メガじい電脳医療を受けることになった。しかし、イサコは信彦と二人だけで永遠に暮らしたかったため、ミチコさんに信彦をそのまま電脳空間にとどめるよう願った。このため治療が終わっても信彦の電脳体は肉体に戻らず、イサコだけ意識を取り戻した。その後、信彦のは死亡した。

続きを読む "天沢信彦に起きたこと" »

電脳コイル調査報告書トップ>キーパーソン > 4423:天沢信彦

ライセンスオンライン アドビ製品ストア
ライセンスオンライン、アドビ製品ストア



Powered by
Movable Type 3.34

RSS登録

はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

Powered by SEO対策

RSSプラス

サイト内検索


ネフ社の
イマーゴ積み木

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

価格:25,200円(税込、送料込)



その他のネフ社の商品は
こちらから

これはかわいい!
キーポン!
(Keepon!)

残念ながらyoutubeの埋め込みが出来なくなりました。上のリンクはまだ大丈夫です。
キーポンの詳しい情報はこちらからどうぞ。

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物


楽天でお買い物



アフィリエイトの
A8ネット

アフィリエイトのA8ネット

最新コミック
全巻そろってます!

漫画全巻ドットコム

キャラクターグッズなら
「キャラアニ.com」

キャラアニ

キャラクターアイテム満載!
バンダイネットワークス株式会社

はやくて、やすくて
カンタン。
全てが揃った
究極のレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバー

無料blog

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO