電脳コイル調査報告書トップ > 用語解説 > 電脳医療 > イサコに行われた電脳医療

純粋なテレビアニメとして初めて日本SF大賞を受賞しました。
日本SF作家クラブのSF大賞はこちら。
Amazonの電脳コイル関連検索結果はこちら。
楽天市場の電脳コイル関連商品はこちら

イサコに行われた電脳医療

兄信彦と一緒に交通事故に遭ったイサコは、一人意識を回復しの死を知らされたが、その現実を受け入れることが出来ず、再び意識を閉ざしてしまった。
イサコの肉体は回復に向かっているのに、意識は未だ現実に対応できていない状態を治療するために電脳医療が用いられたのだ。

理想の兄による心の治療

イサコ電脳医療に用いられた電脳空間は、イマーゴにより無意識の情報も含めてイサコ本人にとって理想の世界が作り上げられた。もちろん亡くなった兄信彦イサコの意識から電脳物質化されていた。
そこでのイサコの望みをすべて叶えてくれる存在であり、飽く事の無い遊び相手であり、悩みを打ち明けてもすべて聞き入れてくれる理想の存在であった。
しかしの役目は、自分は事故で亡くなっており、その現実を受け入れさせ、これからは自分に頼らずイサコ一人で生きていかなければならない事を伝える事にあった。
を慕っていたイサコは、別れの言葉を聞く前にを亡くしてしまった。この突然の別れがイサコの意識を閉ざしてしまった原因であろう。
イサコにとっては永遠に続くとの時間の中で、その心の治療は順調に進んでいた。やがてイサコの中にとの別れを容認する心が芽生え、お互いの存在を忘れないために母が作った人形を渡し、そこで治療は終わるはずであった。
しかしそこにイマーゴ能力のあるヤサコが、治療用電脳空間の一部であるコイルスノードのデンスケとともに迷い込んでしまったために、新たな電脳体ミチコが生まれ、イサコの治療は完了しなかった。

このイサコのための治療用電脳空間と新たに生み出されたミチコこそ、その後のすべての都市伝説の始まりとなったのである。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/308

送信元 » Old Dancer's BLOG より
電脳コイル・最終話で明らかになった過去の整理
この最終回、私も必死でついて行こうと頑張っていましたが、さすがに一度の視聴では怒涛のように流れる「情報」をきちんと整理することが出来ませんでした。 [詳しくはこちら]

電脳コイル調査報告書トップ>用語解説 > 電脳医療

ライセンスオンライン アドビ製品ストア
ライセンスオンライン、アドビ製品ストア



Powered by
Movable Type 3.34

RSS登録

はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

Powered by SEO対策

RSSプラス

サイト内検索


ネフ社の
イマーゴ積み木

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

価格:25,200円(税込、送料込)



その他のネフ社の商品は
こちらから

これはかわいい!
キーポン!
(Keepon!)

残念ながらyoutubeの埋め込みが出来なくなりました。上のリンクはまだ大丈夫です。
キーポンの詳しい情報はこちらからどうぞ。

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物


楽天でお買い物



アフィリエイトの
A8ネット

アフィリエイトのA8ネット

最新コミック
全巻そろってます!

漫画全巻ドットコム

キャラクターグッズなら
「キャラアニ.com」

キャラアニ

キャラクターアイテム満載!
バンダイネットワークス株式会社

はやくて、やすくて
カンタン。
全てが揃った
究極のレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバー

無料blog

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO