電脳コイル調査報告書トップ > キーパーソン > ヤサコ:小此木優子 > デンスケの存在とは

純粋なテレビアニメとして初めて日本SF大賞を受賞しました。
日本SF作家クラブのSF大賞はこちら。
Amazonの電脳コイル関連検索結果はこちら。
楽天市場の電脳コイル関連商品はこちら

デンスケの存在とは

デンスケは大黒市史跡博物館に残されていたCドメインで、イサコにより偽装のための封印を解かれたが、それによりサッチーに違法電脳体とみなされフォーマットされてしまった。メガマス社のサーバーからはその存在を消去されてしまったのである。
ヤサコは数年間一緒に暮らしてきたペットを失ったわけだが、ヤサコにとってデンスケはどのような存在であったのだろうか?

デンスケが残したもの

電脳ペットはバーチャルな存在である。その存在は電脳メガネを通じてしか見ることが出来ない。生のペットと違い、電脳メガネを外せばペットの側から何か行動を起こすことは決してない。
したがって電脳ペットをペットとして認めるか認めないかはまさしく飼い主の意思による。これはある意味、究極的に飼い主がすべての責任を負うことになる。電脳ペットをペットとして存在させるためには、常に飼い主がその存在を認識し続けなければならないのだ。この事は生のペットを飼うよりも、より積極的に関係を維持することを飼い主に求める。

そのようにして飼っていたデンスケを一瞬の内に消去されてしまったヤサコの心の中は、おそらく生のペットが時間を掛けて徐々にその存在を消し去る場合より、より深く悲しみが残ったに違いない。一瞬にしていなくなってしまったデンスケを思うとき、ヤサコは自問するはずである。自分にとってデンスケはどのような存在であったのか?また、デンスケにとって自分とはどのような存在であったのか?と。
ヤサコにとっては色々な形でより多く別れを経験している大人から、電脳ペットを現実の存在でないバーチャルな物として理解し、早く現実の生の世界に戻っておいでと言われてもすんなりと受け入れられるものではないはずだ。
デンスケを失った喪失感を克服するためには自らそれに立ち向かい、理解し受け止めることでしか解決できない。この事はバーチャルとかリアルとかの問題ではない。
このことがデンスケがヤサコに残した大切なことかもしれない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/264

電脳コイル調査報告書トップ>キーパーソン > ヤサコ:小此木優子

ライセンスオンライン アドビ製品ストア
ライセンスオンライン、アドビ製品ストア



Powered by
Movable Type 3.34

RSS登録

はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

Powered by SEO対策

RSSプラス

サイト内検索


ネフ社の
イマーゴ積み木

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

価格:25,200円(税込、送料込)



その他のネフ社の商品は
こちらから

これはかわいい!
キーポン!
(Keepon!)

残念ながらyoutubeの埋め込みが出来なくなりました。上のリンクはまだ大丈夫です。
キーポンの詳しい情報はこちらからどうぞ。

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物


楽天でお買い物



アフィリエイトの
A8ネット

アフィリエイトのA8ネット

最新コミック
全巻そろってます!

漫画全巻ドットコム

キャラクターグッズなら
「キャラアニ.com」

キャラアニ

キャラクターアイテム満載!
バンダイネットワークス株式会社

はやくて、やすくて
カンタン。
全てが揃った
究極のレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバー

無料blog

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO