電脳コイル調査報告書トップ > キーパーソン > 4423:天沢信彦 > 天沢信彦に起きたこと

純粋なテレビアニメとして初めて日本SF大賞を受賞しました。
日本SF作家クラブのSF大賞はこちら。
Amazonの電脳コイル関連検索結果はこちら。
楽天市場の電脳コイル関連商品はこちら

天沢信彦に起きたこと

天沢信彦の肉体と電脳体に起きたことは、叔父とイサコの話をまとめるとおおむね次のようである。
5年前、二人は交通事故に遭い意識不明となり、メガじい電脳医療を受けることになった。しかし、イサコは信彦と二人だけで永遠に暮らしたかったため、ミチコさんに信彦をそのまま電脳空間にとどめるよう願った。このため治療が終わっても信彦の電脳体は肉体に戻らず、イサコだけ意識を取り戻した。その後、信彦のは死亡した。

信彦の電脳体はどうなったか

肉体と電脳体が分かれてしまい、戻るべき肉体が事故などで失われた例は葦原かんながある。
葦原かんなの電脳体はあっちの世界で生存(存在)していたが、その外見はかなり崩れており、ヌルに近い状態であった。肉体とのリンクが切れてしまい、電脳体のままとなってしまうとどうやら劣化が起きるようである。
葦原かんなの場合は交通事故にあってから1年ほど経過してからハラケンヤサコが目撃しているが、信彦の場合は肉体が死んでからそれ以上経っている。電脳体の劣化はどの程度進んでいるのであろうか?
現在イサコの電脳体はあっちの世界に入ったままとなっているが、通路を開く手段がなくなってしまったのであっちの世界がどのようになっているのかまったくわからない。

電脳体の劣化の程度がその肉体とのリンクが切れてからの時間に比例すると、その外見はヌルと区別がつかなくなっている可能性がある。イサコは信彦を見つけることが出来るのであろうか?
この電脳体の時間経過による劣化も電脳空間の危険な側面と思われる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/263

電脳コイル調査報告書トップ>キーパーソン > 4423:天沢信彦

ライセンスオンライン アドビ製品ストア
ライセンスオンライン、アドビ製品ストア



Powered by
Movable Type 3.34

RSS登録

はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

Powered by SEO対策

RSSプラス

サイト内検索


ネフ社の
イマーゴ積み木

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

価格:25,200円(税込、送料込)



その他のネフ社の商品は
こちらから

これはかわいい!
キーポン!
(Keepon!)

残念ながらyoutubeの埋め込みが出来なくなりました。上のリンクはまだ大丈夫です。
キーポンの詳しい情報はこちらからどうぞ。

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物


楽天でお買い物



アフィリエイトの
A8ネット

アフィリエイトのA8ネット

最新コミック
全巻そろってます!

漫画全巻ドットコム

キャラクターグッズなら
「キャラアニ.com」

キャラアニ

キャラクターアイテム満載!
バンダイネットワークス株式会社

はやくて、やすくて
カンタン。
全てが揃った
究極のレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバー

無料blog

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO