電脳コイル調査報告書トップ > 用語解説 > Cドメイン > 電脳空間の謎を解くドメイン

純粋なテレビアニメとして初めて日本SF大賞を受賞しました。
日本SF作家クラブのSF大賞はこちら。
Amazonの電脳コイル関連検索結果はこちら。
楽天市場の電脳コイル関連商品はこちら

電脳空間の謎を解くドメイン

現在の大黒市の電脳空間はメガマス社が整備したものであるが、それ以前はコイルス社が整備していた。しかし、その頃の電脳空間はまだ研究が進んでおらず様々な可能性が試されていたに違いない。
コイルス社イマーゴ機能の発見により、電脳空間と医療を結びつけた電脳医療の確立を優先したと思われるが、おそらくそれ専用の電脳空間をCドメインとリンクさせる形で実験的空間を作った事であろう。

今でも稼働しているコイルス社のサーバー

コイルス社は既にメガマス社に買収されたが、当時コイルス社が築き上げたCドメインは現在も残っており、これが小学生の間の都市伝説の源になっているようである。
イリーガルミチコさんあっちの世界などはコイルス社が当初築いたCドメインに端を発したものであろう。
メガマス社はなぜCドメインを引き継ぐようにして現在の電脳空間を整備しなかったのであろうか?
コイルス社を買収した際、イマーゴ機能や電脳コイル現象の危険性についてはメガマス社も十分認識していたはずである。だからこそ、サッチーを導入し古い空間を徹底的にフォーマットし、コイルス社のCドメインへ繋がる道を塞ごうとしている。
しかし、古い空間は未だに出現し、電脳コイル現象も起きている。これは未だにコイルス社のサーバーがどこかで稼働し、Cドメインを維持している事を示している。
なぜコイルス社はすべてをメガマス社に譲渡しなかったのであろうか?
原川玉子らによると公にしたくない秘密がCドメインにあるらしいが、すでにコイルス社は過去の企業である。なぜ秘密にしておく必要があるのだろうか。
このCドメインの存在が小学生の都市伝説レベルの話題に上るだけならば何も問題は無いであろう。しかし電脳コイル現象が起き、死亡者まで出ているとなると話は別である。一刻も早くコイルス社のサーバーを発見する事が問題の解決方法かもしれない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/261

電脳コイル調査報告書トップ>用語解説 > Cドメイン

ライセンスオンライン アドビ製品ストア
ライセンスオンライン、アドビ製品ストア



Powered by
Movable Type 3.34

RSS登録

はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

Powered by SEO対策

RSSプラス

サイト内検索


ネフ社の
イマーゴ積み木

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

価格:25,200円(税込、送料込)



その他のネフ社の商品は
こちらから

これはかわいい!
キーポン!
(Keepon!)

残念ながらyoutubeの埋め込みが出来なくなりました。上のリンクはまだ大丈夫です。
キーポンの詳しい情報はこちらからどうぞ。

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物


楽天でお買い物



アフィリエイトの
A8ネット

アフィリエイトのA8ネット

最新コミック
全巻そろってます!

漫画全巻ドットコム

キャラクターグッズなら
「キャラアニ.com」

キャラアニ

キャラクターアイテム満載!
バンダイネットワークス株式会社

はやくて、やすくて
カンタン。
全てが揃った
究極のレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバー

無料blog

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO