電脳コイル調査報告書トップ > 用語解説 > 電脳コイル現象 > 危険なコイル現象

純粋なテレビアニメとして初めて日本SF大賞を受賞しました。
日本SF作家クラブのSF大賞はこちら。
Amazonの電脳コイル関連検索結果はこちら。
楽天市場の電脳コイル関連商品はこちら

危険なコイル現象

この電脳コイル現象は、電脳メガネを装着した人の意識を受信できるイマーゴ機能を逆に働かせたものと思われるが、イマーゴ機能の原理そのものが解明されていないため、コイル現象もなぜ起こるかはっきり判っていない。

残された肉体への影響

この電脳コイル現象に襲われると、肉体から離れた電脳体は意識を持ち、電脳空間で自由に行動できるが、問題なのは、残された肉体が意識を失ってしまう事だ。
実体のある通常の空間で突然意識不明となるため、その後の外的要因で残された肉体が損傷を受ける可能性がある。電脳コイル現象中に元の肉体が死亡する事も考えられる。
また、この現象は電脳メガネイマーゴ機能が関係しているため、肉体と離れた電脳体をつなげている電脳メガネの電源を切ったり、外したりすると電脳体が元に戻れなくなる可能性がある。
電脳コイル現象で離れてしまった電脳体を元の肉体に戻すには、今のところコイルタグか同等の暗号を用いないといけない。
万一、電脳体が元の肉体に戻れなくなると、残された肉体は意識不明のままとなり、植物人間状態となってしまう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/257

送信元 » さとぴーの選択範囲 より
電脳コイル 第21話「黒いオートマトン」
電脳コイル−各話あらすじ 21話 今日から新学期。学校は新しい駅ビルに移転し、第一小と合併することに。タケルとの再会に喜ぶも、目覚めないハラケンの事... [詳しくはこちら]

送信元 » からまつそう より
電脳コイル 第20話「カンナとヤサコ」(感想)
今回は前回から続く危機から脱出、そしていよいよカンナとの決着がつきました!こちらは感想。内容は前半・後半。メガシ屋から脱出を図るヤサコ、フミエ、京子、そし... [詳しくはこちら]

電脳コイル調査報告書トップ>用語解説 > 電脳コイル現象

ライセンスオンライン アドビ製品ストア
ライセンスオンライン、アドビ製品ストア



Powered by
Movable Type 3.34

RSS登録

はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

Powered by SEO対策

RSSプラス

サイト内検索


ネフ社の
イマーゴ積み木

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

価格:25,200円(税込、送料込)



その他のネフ社の商品は
こちらから

これはかわいい!
キーポン!
(Keepon!)

残念ながらyoutubeの埋め込みが出来なくなりました。上のリンクはまだ大丈夫です。
キーポンの詳しい情報はこちらからどうぞ。

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物


楽天でお買い物



アフィリエイトの
A8ネット

アフィリエイトのA8ネット

最新コミック
全巻そろってます!

漫画全巻ドットコム

キャラクターグッズなら
「キャラアニ.com」

キャラアニ

キャラクターアイテム満載!
バンダイネットワークス株式会社

はやくて、やすくて
カンタン。
全てが揃った
究極のレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバー

無料blog

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO