電脳コイル調査報告書トップ > キーパーソン > 4423:天沢信彦 > 天沢信彦の電脳体の謎

純粋なテレビアニメとして初めて日本SF大賞を受賞しました。
日本SF作家クラブのSF大賞はこちら。
Amazonの電脳コイル関連検索結果はこちら。
楽天市場の電脳コイル関連商品はこちら

天沢信彦の電脳体の謎

天沢信彦はメガじいのカルテの存在から、5年前にはすでに電脳医療の患者であった。
しかし、猫目宗助原川玉子らによると、キラバグを集めCドメインへの通路を開いたのは4年前であり、そのとき意識不明となった小学生が大勢発生したと地元新聞で報じられている。
いったい天沢信彦の電脳体はいつ生身の肉体から離れたのであろうか?

イマーゴの実験によるものか?

現時点で合理的と思われる説明は次の通りである。
イマーゴ機能はコイルス社が開発した機能で初期の電脳メガネには隠し機能としてではなく実装されていた。
天沢信彦は初期の頃からイマーゴ機能の活用のため様々な実験に参加しており、かなり早い段階から電脳コイル現象で電脳体の体でCドメイン内で行動していた。
しかし、実験を進めるうちにイマーゴ機能の副作用が明らかになり、メガじいの患者となっていた。それが5年以上前である。
ヤサコメガじいが亡くなり葬儀で大黒市に来たとき、駅向こうの鳥居が階段状になっている場所で生身の天沢信彦と出会った。
ほぼ同じ時期にイサコは同じ場所で兄とお互いの存在を忘れないため(両親の離婚などが原因で別居する事になったか?)に会っており、自分たちに似せた人形を見せている。
そして、4年前に原川玉子が通路を開いたときにイマーゴの能力がある天沢信彦は、ヌルまたはその後兄と分かれたくなかったイサコミチコさんに一生二人だけで向こうの世界で暮らせるように、兄を向こうの世界に閉じ込めるよう願った。電脳体を持ち去られ、それ以降電脳体がCドメイン向こうの世界に捕らわれたままとなり、意識不明となってしまった。そしておそらく数年前に残された肉体の天沢信彦は死亡した。

イマーゴ機能の副作用とCドメインと向こうの世界の存在は、それにより死者が出た事によりメガマス社では最高の機密事項となったと考えられる。
メガマス社は極秘でこれらの調査を進めるためにイサコを利用していたのではないだろうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/252

送信元 » 焼きプリン定食(2個目 より
電脳コイル 総復習
さて、今週は総集編ということで、感想も絵も手抜きだなぁ(おい 電脳コイル 第4巻 限定版折笠富美子.桑島法子.矢島晶子.朴ろ美.小島幸子.斉... [詳しくはこちら]

送信元 » オコタマイマイ週記 より
天沢信彦と電脳コイル現象。(『電脳コイル』に関しての推測)
 イサコの兄である、天沢信彦が、いつ、電脳コイル現象により意識を失ったか? という、私も書いてみたいと思っていた事柄についてのトラックバックを頂きました... [詳しくはこちら]

電脳コイル調査報告書トップ>キーパーソン > 4423:天沢信彦

ライセンスオンライン アドビ製品ストア
ライセンスオンライン、アドビ製品ストア



Powered by
Movable Type 3.34

RSS登録

はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

Powered by SEO対策

RSSプラス

サイト内検索


ネフ社の
イマーゴ積み木

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

価格:25,200円(税込、送料込)



その他のネフ社の商品は
こちらから

これはかわいい!
キーポン!
(Keepon!)

残念ながらyoutubeの埋め込みが出来なくなりました。上のリンクはまだ大丈夫です。
キーポンの詳しい情報はこちらからどうぞ。

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物


楽天でお買い物



アフィリエイトの
A8ネット

アフィリエイトのA8ネット

最新コミック
全巻そろってます!

漫画全巻ドットコム

キャラクターグッズなら
「キャラアニ.com」

キャラアニ

キャラクターアイテム満載!
バンダイネットワークス株式会社

はやくて、やすくて
カンタン。
全てが揃った
究極のレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバー

無料blog

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO