電脳コイル調査報告書トップ > 用語解説 > ヌル > 人の精神を保存するための空の電脳体

純粋なテレビアニメとして初めて日本SF大賞を受賞しました。
日本SF作家クラブのSF大賞はこちら。
Amazonの電脳コイル関連検索結果はこちら。
楽天市場の電脳コイル関連商品はこちら

人の精神を保存するための空の電脳体

ヌルは原川玉子によると、人類が初めて出会った未知の電脳体という事になっているが、別な見方も存在する。
すなわち、生身の人間の意識を収容する空の電脳体である。
コイルス社は電脳空間の可能性として、肉体の物理的束縛からはなれた自由に行動できる仮想空間というものを考えたのではないだろうか?
その仮想空間の中で生活するための電脳体として、中身がない空のヌルを用意したと考えられる。

もう一つの世界

この仮想空間の生活は物理的制約を受けない。
瞬間移動も可能なら、空を飛ぶ事もできるし、眠る必要もない。生身の肉体ではないので、疲労を感ずる事もない。
コイルス社はこの夢のような世界の住人としてヌルを用意し、現実の世界からイマーゴ機能を使い、顧客の精神を移し永遠のテーマパーク的電脳世界を作り上げようとしたのではないだろうか?

これはそれほど大胆な発想だろうか?
これは電脳空間と電脳体があれば実現可能であると思われる。しかし、重大な倫理的問題が生じる。
一生この電脳空間で生活するとなれば、生身の体はどうしたら良いのだろうか?不要となれば臓器提供用のパーツとして医療関係機関の管理となるのであろうか?
また、一時のバカンスとして過ごすのであれば、それまでの間、生身の体はどうなるのだろうか?

おそらくコイルス社はこの技術の実現のために実験をしたはずである。そのために用意された空間がCドメインであり、そこには意識を移植されるのを待つヌルが用意されていた。
しかし、想定外の事故が生じ、その実験は中断され、ヌルが取り残されたのではないだろうか?
その結果、Cドメインの中ではヌルが移植される意識を求め、さまよい歩いていたのだろう。そしてCドメインと我々の世界が繋がったとき、ヌルは我々の電脳体から精神を抜き取っていったのかもしれない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/248

送信元 » ユルユル行こう より
電脳コイル 第22話『最後のコイル』
ヤサコ、遂に主人公として覚醒!今回の放送は、前回の鬱展開を吹き飛ばす非常に爽快感溢れた回でしたよ。前回のラストで追い詰められたイサコを救ったのは、やはり駆... [詳しくはこちら]

電脳コイル調査報告書トップ>用語解説 > ヌル

ライセンスオンライン アドビ製品ストア
ライセンスオンライン、アドビ製品ストア



Powered by
Movable Type 3.34

RSS登録

はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

Powered by SEO対策

RSSプラス

サイト内検索


ネフ社の
イマーゴ積み木

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

価格:25,200円(税込、送料込)



その他のネフ社の商品は
こちらから

これはかわいい!
キーポン!
(Keepon!)

残念ながらyoutubeの埋め込みが出来なくなりました。上のリンクはまだ大丈夫です。
キーポンの詳しい情報はこちらからどうぞ。

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物


楽天でお買い物



アフィリエイトの
A8ネット

アフィリエイトのA8ネット

最新コミック
全巻そろってます!

漫画全巻ドットコム

キャラクターグッズなら
「キャラアニ.com」

キャラアニ

キャラクターアイテム満載!
バンダイネットワークス株式会社

はやくて、やすくて
カンタン。
全てが揃った
究極のレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバー

無料blog

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO