電脳コイル調査報告書トップ > 大黒市 > 古い空間 > 明らかになったCドメインの存在

純粋なテレビアニメとして初めて日本SF大賞を受賞しました。
日本SF作家クラブのSF大賞はこちら。
Amazonの電脳コイル関連検索結果はこちら。
楽天市場の電脳コイル関連商品はこちら

明らかになったCドメインの存在

今まで古い空間のうち、キラバグを集める事により通路が開き繋がる「隔離された古い空間」については様々な憶測があったが、ようやく事実らしい事が明らかになってきた。
それは我々の全く知らない未知の空間(メガマス社はCドメインとしている)への通路のようである。

国家レベルの機密事項か?

4年前、原川玉子が都市伝説を信じてキラバグを集め、隔離された古い空間への通路を開いたが、そこは謎の空間Cドメインに通じている世界であった。
この隔離された古い空間に存在している人形イリーガル(ヌル)は、一般のコンピューターウィルスが変質したイリーガルとは全く異なり、触れると電脳コイル現象を引き起こし、電脳体を持ち去る能力を持っている。一種の電脳誘拐とも呼べる。

おそらくメガマス社はこのCドメインと、それをつなぐ隔離された古い空間の存在自体は、電脳空間を開発する段階で偶然知る事になったものと思われる。しかし、その存在自体があまりにもショッキング(異星人のファーストコンタクトに匹敵する)であったため、メガマス社(あるいは国家・世界レベルの)は最重要機密として扱ってきたのであろう。
だが、常に情報はリークする。その存在の重要性を知った何者かが、都市伝説の名を語りリークさせたのではないだろうか。(メガじいもその一人かもしれない)
そしてそのCドメインにアクセスするための通路を開くためには、飽和量のキラバグと電脳メガネとの相乗効果により発揮されるイマーゴという能力を持つ小学生が必要であると想像される。メガマス社は未知のCドメインからの電脳侵略に備えて、イマーゴの能力を発揮できる小学生を探し求めているのかもしれない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/234

送信元 » el vuelo nocturno より
電脳コイル第20話
「世界が崩壊する前に・・・」 ・・・なんだかお話の規模が大きくなってきましたね。 世界って電脳世界のことですよね? さすがに現実世界のことではないか・・。でも電脳世界が崩壊したら電脳に頼りきっている現実世界も大打撃をうけることは確実ですね。 [詳しくはこちら]

電脳コイル調査報告書トップ>大黒市 > 古い空間

ライセンスオンライン アドビ製品ストア
ライセンスオンライン、アドビ製品ストア



Powered by
Movable Type 3.34

RSS登録

はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

Powered by SEO対策

RSSプラス

サイト内検索


ネフ社の
イマーゴ積み木

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

価格:25,200円(税込、送料込)



その他のネフ社の商品は
こちらから

これはかわいい!
キーポン!
(Keepon!)

残念ながらyoutubeの埋め込みが出来なくなりました。上のリンクはまだ大丈夫です。
キーポンの詳しい情報はこちらからどうぞ。

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物


楽天でお買い物



アフィリエイトの
A8ネット

アフィリエイトのA8ネット

最新コミック
全巻そろってます!

漫画全巻ドットコム

キャラクターグッズなら
「キャラアニ.com」

キャラアニ

キャラクターアイテム満載!
バンダイネットワークス株式会社

はやくて、やすくて
カンタン。
全てが揃った
究極のレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバー

無料blog

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO