電脳コイル調査報告書トップ > 大黒市 > 古い空間 > 分離した電脳の体が生きている世界

純粋なテレビアニメとして初めて日本SF大賞を受賞しました。
日本SF作家クラブのSF大賞はこちら。
Amazonの電脳コイル関連検索結果はこちら。
楽天市場の電脳コイル関連商品はこちら

分離した電脳の体が生きている世界

都市伝説で語られているバージョンが5.2より古い空間では、電脳の体と実際の体にずれが生じてしまう場合がある。
電脳の体がずれたままで電脳メガネを外したり電源を切ると、生身の体から意識を持った電脳の体が分離してしまい、通常の空間に戻った場合に電脳の体と意識が古い空間に取り残されてしまう。結果、通常の空間に戻った生身の体は、意識不明の植物人間状態となる。
このような特別に古い空間は隔離された状態にあり、特別な手段でその通路を開かない限りはいる事ができない。
しかし、4年前のメガネ装着者に一時的な意識不明や記憶喪失を引き起こした事件や、1年前に起きたはざま交差点の事故(葦原かんなが死亡)に関わっていると考えられる。

1年前のはざま交差点の事故

4年前の大規模な事件の詳細は未だに明らかになっていないが、1年前の事故はイサコがこの隔離された古い空間にアクセスした際に、つながる通路の位置を安定化させる暗号がうまく働かず、制御不能になり、はざま交差点に開いてしまった結果起きてしまったものと考えられる。イサコがどの場所で通路を開こうとしたのかは判っていない。

今年の夏休み最後の週に、イサコはキラバグを臨界量まで取り入れる事に成功し、改めて通路を開いたが、4年前の事件の再発を危惧した原川玉子によりサッチーが暗号を一部消去してしまったため、またしても通路は制御不能の状態になってしまった。

メガマス社から派遣された大黒市空間管理室の顧問の立場である原川玉子と猫目宗助のとった行動は、明らかに4年前の事件と関わりのあるものであるが、二人の思惑は異なっているようである。
原川玉子は4年前(おそらくは1年前のかんなの事故)の再現を防ぐために動き、猫目宗助は4年前に古い空間に取り残されたイサコの兄の電脳体を回収するために動いたようである。

偶然とは言えないかもしれないが、ハラケンは別なアプローチからこの隔離された古い空間の事を調べ上げ、かんなの電脳体と接触しようとした。しかし、通路が不安定で危うく電脳体を持ち去れそうになったが、ヤサコの声に救われた。
猫目宗助によると、不安定な通路はもうしばらく通常空間につながる可能性があり、また新たな犠牲者が出る可能性がある。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/224

電脳コイル調査報告書トップ>大黒市 > 古い空間

ライセンスオンライン アドビ製品ストア
ライセンスオンライン、アドビ製品ストア



Powered by
Movable Type 3.34

RSS登録

はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

Powered by SEO対策

RSSプラス

サイト内検索


ネフ社の
イマーゴ積み木

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

価格:25,200円(税込、送料込)



その他のネフ社の商品は
こちらから

これはかわいい!
キーポン!
(Keepon!)

残念ながらyoutubeの埋め込みが出来なくなりました。上のリンクはまだ大丈夫です。
キーポンの詳しい情報はこちらからどうぞ。

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物


楽天でお買い物



アフィリエイトの
A8ネット

アフィリエイトのA8ネット

最新コミック
全巻そろってます!

漫画全巻ドットコム

キャラクターグッズなら
「キャラアニ.com」

キャラアニ

キャラクターアイテム満載!
バンダイネットワークス株式会社

はやくて、やすくて
カンタン。
全てが揃った
究極のレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバー

無料blog

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO