電脳コイル調査報告書トップ > キーパーソン > 4423:天沢信彦 > イサコの兄

純粋なテレビアニメとして初めて日本SF大賞を受賞しました。
日本SF作家クラブのSF大賞はこちら。
Amazonの電脳コイル関連検索結果はこちら。
楽天市場の電脳コイル関連商品はこちら

イサコの兄

4423とはイサコの兄:天沢信彦が謎の古い空間ヤサコと最初に出会った際に教えた暗号名である。
現在、彼は4年前に電脳メガネを装着していた者に起きた電脳コイル現象の影響でそれ以降、意識不明のままとなっている。
叔父によると、妹のイサコと一緒に5年前に交通事故に遭い意識不明となり、メガじい電脳医療を受けるが意識は回復せず、その後死亡した。

謎の古い空間でのみ会える

この暗号名は未だに意識不明のまま入院している電脳医療を受けた大黒市立メガマス病院の病室の番号から取ったものであるので、ヤサコが出会ったときは既に意識不明の状態であったことになる。生身の人物は意識不明で入院したままであるので、通常ではヤサコとの出会いなどあり得ない。
追記:現時点でメガマス病院の4423号室の存在は抹消され、生死、所在が不明になっている。
このため、ヤサコとは電脳体の体で会っていると思われる。

しかし、都市伝説で言われているように、電脳の体と意識が生身の体から分離してしまい、電脳空間でのみ存在しているとすると、ヤサコは知らずのうちになぞの古い空間に迷い込んだことになる。
どのようにして迷い込んだかは判らないが、この古い空間を空間管理室がサッチーを使用し次々とフォーマットしている事を考えると大変な問題である。
都市伝説に何らかの事実が含まれているとすると、肉体からはなれた意識は古い空間に存在しているので、その空間をフォーマーットし消去することは、意識まで消去する事になるからだ。
5年前の事件の真相を解明しなければ大変な事になるであろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sapporo-life.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/217

送信元 » 日々の記録 on fc2 より
電脳コイル #16
ついに4423の謎が明らかになりました!夏休みも残り少なくなったある日、フミエと一緒に自由研究をやっていたヤサコは、病院から呼び出しを受けました。メガ婆に... [詳しくはこちら]

送信元 » LUNE BLOG より
電脳コイル 第16話
 少しずつ見えてきた「4423」の存在。 [詳しくはこちら]

電脳コイル調査報告書トップ>キーパーソン > 4423:天沢信彦

ライセンスオンライン アドビ製品ストア
ライセンスオンライン、アドビ製品ストア



Powered by
Movable Type 3.34

RSS登録

はてなRSSに追加

livedoor Readerに追加

My Yahoo!に追加

Googleに追加

Powered by SEO対策

RSSプラス

サイト内検索


ネフ社の
イマーゴ積み木

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

ネフ社(naef) イマーゴ 【送料無料】

価格:25,200円(税込、送料込)



その他のネフ社の商品は
こちらから

これはかわいい!
キーポン!
(Keepon!)

残念ながらyoutubeの埋め込みが出来なくなりました。上のリンクはまだ大丈夫です。
キーポンの詳しい情報はこちらからどうぞ。

スポンサー広告

ちょっと一息
ネットでお買い物


楽天でお買い物



アフィリエイトの
A8ネット

アフィリエイトのA8ネット

最新コミック
全巻そろってます!

漫画全巻ドットコム

キャラクターグッズなら
「キャラアニ.com」

キャラアニ

キャラクターアイテム満載!
バンダイネットワークス株式会社

はやくて、やすくて
カンタン。
全てが揃った
究極のレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバ
さくらのレンタルサーバー

無料blog

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

サイトマップラス
Powered by SEO